作品紹介

波の音が聴こえる海沿いの家で、老境に達しようとする男が、自らの人生に思いをめぐらせている。そこには毒がある。蜜もある。禁断と倒錯のエロティシズムの果てに、甘くて危険な秘密が横たわっている……。

純文学作家として高い評価を受けながら、バイオレンスロマンの流行作家へ華麗なる転身を遂げ、官能文学の第一人者として長く君臨している作家・勝目梓。
近年は『小説家』や『老醜の記』などの私小説でも高い評価を受けている。

「さながら古酒の樽の栓を抜いたような、風味豊かな独白体」

逢坂剛が「朝日新聞」書評で作品を絶賛したが、石田衣良、小池真理子、山田詠美、重松清、北方謙三など、その作家性にリスペクトを寄せている作家も多い。
八十歳を超えて、さらに円熟味と凄みを増し、デビュー40年記念作品として書き上げた短篇集の「あしあと」に続いて、本格的な書き下ろし作品を発表する。

近親相姦、同性愛、SMなど、禁忌の性愛も描きながら、小説ならではのカタルシスに誘われる。
本物の作家による衝撃の長編小説である。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
波の音が聴こえる海沿いの家で、老境にさしかかった男が人生に思いをめぐらせる。そこには毒がある。倒錯のエロティシズムの果てに、甘く危険な秘密が横たわっている……。「さながら古酒の樽の栓を抜いたような、風味豊かな独白体」(逢坂剛)と評されるように、純文学とエンタテイメント、いずれの世界でもリスペクトされる巨匠が、円熟味と凄みを増した書き下ろし作品。若き日の近親相姦、同性愛、SMなど、禁断の性愛も描きながら、小説ならではのカタルシスに誘われる。「本物の作家」による衝撃の長編小説。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document