作品紹介

あなたはなぜ、名作『ファウスト』を、
最後まで読み通すことができないのか?

理由1 これまでの翻訳はエリート教養人向け、しかも誤訳があったから。
理由2 これを読めば人格が向上する、という間違った考えが広まったから。
理由3 ファウストはエライ人、という思い込みがあったから。

文豪ゲーテが「ファウスト」にこめた人生の真理とは、

「破滅へ向かう男社会を救うのは、女性だ」

この名作は、現代に通じる一大エンターテインメントなのです!

ゲーテが人生60年をかけた名作『ファウスト』は、「努力し続ける教養人・学者ファウストの物語」とされてきました。
しかし名作をひもとけば、欲望のままに少女を騙すわ、捨てるわ、殺人を犯すわ――ただのろくでなしと何が違うのか?
実は、「努力の人ファウスト」のイメージは、誤訳にもとづく虚像だったのです。
御年83歳を迎える演劇好きのドイツ文学者が、楽しく解説しながら原作を一気に紹介。現代に通じる新しいファウスト像を提示します。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く