作品紹介

名著を完全リニューアル
「反日パブロフの犬」の精神構造は、度し難い日本コンプレックスにあり!

盧武鉉政権時代の2006年に刊行されて大きな話題を呼んだ名著『“日本離れ”できない韓国』。反日政策を推進した親北朝鮮・左翼が退潮し、保守を標榜する朴槿恵政権が誕生したが、韓国の反日は盧武鉉政権時代よりもますます激しさを増している。
いったいなぜ、韓国は反日をやめられないのか?
本書では、この数年以内に起こった
・産経新聞支局長刑事告訴&出国禁止事件
・アメリカ大使襲撃事件と安重根崇拝熱
・五輪サッカーでの「独島」パフォーマンス
・朴槿恵政権の中国への急接近
などを新たな素材として加え、韓国人の民族意識と精神構造の奥底に迫る。
韓国人の「最も嫌いな国」はダントツ1位で日本だ。
しかし本書では、韓国人がいかに「日本」を過剰に意識しているのか、「日本離れ」をしようとするあまり、逆に日本に呪縛されていく悲哀と滑稽さを、政治、大衆文化、経済、社会事件、流行などから巧みに描き出す。
著者は今の韓国社会の現状を、日本と聞くと条件反射的に反応する「反日パブロフの犬」と批判するが、韓国への愛情も忘れない。
巷の嫌韓本とは一線を画す名作だ。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
盧武鉉政権時代の2006年に刊行されて評判となった名著『“日本離れ”できない韓国』を完全リニューアルした作品です。親北朝鮮・左翼が退潮し、保守を標榜する朴槿恵政権が誕生しましたが、韓国の反日は盧武鉉政権時代よりもますます激しさを増しています。
いったいなぜ、韓国は反日をやめられないのか?
本書では、この数年以内に起こった以下の事件を分析。
・産経新聞支局長刑事告訴&出国禁止事件
・アメリカ大使襲撃事件と安重根崇拝熱
・朴槿恵政権の中国への急接近
韓国人がいかに「日本」を過剰に意識しているのか、「日本離れ」をしようとするあまり、逆に日本に呪縛されていく悲哀と滑稽さを、巧みに描き出します。巷の嫌韓本とは一線を画す名作です。
目次
序にかえて
反日から脱日へ/克日から知日へ/反日は韓国の「元気の素」

Ⅰ 韓国はなぜ日本を許さないのか

第一章 反日パブロフの犬
安倍叩きの雨あられ/いちばん嫌いな国なのに意識する/慰安婦問題への異論を封じ込める/「解放後世代」の悩みなき反日/旭日旗にまで条件反射/寿司を食べながら反日を叫ぶ/安倍首相と七三一部隊/日本イコール「悪の記号」/サッカーW杯共催が分岐点/「諦韓」を乗り越える

第二章 反日甘やかしと反米テロ……米大使テロ事件の背景
死を意味する「親日派」のレッテル/朴槿恵の親日トラウマ/反米と反日の落差/米大使テロ事件の遠因に「反日甘やかし」/派手な個人プレーを好む民族性/義挙は抗日テロリストにも通ず/爆弾テロリストの銅像が首都の玄関に/天皇訪韓が困難な理由/北朝鮮もテロ称揚/愛国無罪、反日無罪/テロリストに補助金を/賞味期限切れの韓国

第三章 日本メディアは政治的標的……産経新聞事件を読み解く
なぜ日本人記者だけが/国の品格にそぐわない/憲法の上に「国民情緒法」/「日本は叩きやすい」という甘え/言論統制が日本メディアの優位を生む/スケープゴートにされたフジテレビ記者/朴大統領のウワサ/火消しのために産経を見せしめに/日本メディアを質問者から外す/国外追放されかかる/朝日・産経の評価が逆転/朝日新聞を助けたい

Ⅱ 日本は韓国に何を残したか

第四章 南北格差はなぜ開いたか
南は農耕文化、北は狩猟文化/朝鮮半島の八つの気質/南北格差の原因は日本にある/北朝鮮のほうが発展の可能性があった/「日本との関係」を活用した韓国/「親日派ですね」と言ってはいけない/過去はまだ清算されていない/過去は今に生きている

第五章 金日成と朴正煕の内なる日本……二人の満州体験が南北のその後を決めた
反日と親日と/朝鮮人にとっての満州/金日成と満州の関わり/満州を通じた中国体験/満州国軍中尉・高木正雄/抗日ゲリラ兵士vs日本軍将校/日本をめぐる「栄光」と「屈辱」/金日成より革命的だった朴正煕

第六章 なぜ日本で拉致事件が起きたのか……金大中拉致と日本人拉致のナゾ
治安当局の怠慢/北朝鮮タブーはなぜ生まれたか?/泣く子と北朝鮮には勝てず/北朝鮮の“甘え”を放置してきた日本/韓国バッシングとなった金大中拉致事件/なぜ二つの拉致が日本で起きたか?/韓国への配慮/なぜ国家主権侵害にならないのか?/北朝鮮は国家犯罪を認めた/日本の国境が無視される理由/韓国人の国境意識の欠如/「ツケ」か「自業自得」か?

第七章 誰も知らなかった「日本隠し」……認めたがらない日本の対韓協力
韓国に感謝すべき?/日本の影響は無視あるいは否定/韓国人が知らなかった「日本隠し」/隠されてきた日本の「対韓協力」/五億ドルの使いみち/個人補償案を拒否した韓国/「道徳的優越感」を得るために/最大のプロジェクト・浦項製鉄も……/「インスタントラーメン」は日本の技術提供でできた/「ヤクルトおばさん」に希望者殺到/「ロッテ」は韓国の文明開化


Ⅲ 韓国にとって日本とはなにか

第八章「ドイツに学べ」論は虚構である……日韓関係は他国と比較できない
アベに恥をかかせろ/元エリート外交官まで慰安婦デモに動員/空しさ残る独り相撲/「道徳優位性」という最大の対日外交カード/「道徳的に正しい」韓国、「道徳的でない」日本/安倍総理を「悪魔」呼ばわり/韓国に輸出された「日本=ナチス」論/メルケル訪日はアベを叱るため?/ドイツを引き合いに日本叩きを楽しむ/日韓は敵ではなかった/アジア諸国には無関心/「戦勝国になりたい」病

第九章 韓国が主張する歴史清算の虚実……韓国はなぜ共和国になったのか
韓国を飼い馴らした中国/日本には甘え、中国にはバカにされ/中国の歴史観を受け入れるのか/最後の“王孫”の死/広島で爆死した末裔のひとり/李王家の戦後/李方子妃の葬儀と比べて/なぜ李王家は復活しなかったのか?/「人望なし」とはどういうことか?/無一文だった李王家の人々/近代を排除し、「中世」を復古/李王家をめぐる過去をどう清算するのか?/再評価される閔妃

第十章 韓国は甘いか辛いか……これからは“用韓論”の時代だ
ロッテの裏切り/相次ぐテロ予告/親日企業であるがゆえの苦悩/マスコミ世論の恐怖/義理が通じないNGO国家/ロッテのパラドックス/反日ドラマのカタルシス/四百年前の「勝ち戦」がよりどこ/ろ韓国の流儀を学べ/大陸に深入りしすぎるな/「用韓」という知恵

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document