作品紹介

重税国家ニッポンのブラックすぎる収奪システム

あなたの給与明細を見てほしい。所得税、住民税、健康保険税、復興特別所得税……年収や家族構成にもよるが、おおむね3割~4割を「取られ」ている人がほとんどだ。これに加えて、買い物をすれば消費税8%、家を持てば固定資産税が毎年、ほかにも酒、自動車、たばこ等に税金がかかる。親族が死ねば、相続税もかかる。
すでに日本は世界有数の重税国家だが、財政悪化と超高齢化社会によって、ますます私たちの税負担は大きくなる。
一方、節税ノウハウをもつ富裕層は巧みに税逃れをし、資産の海外流出は止まらない。現金取引が主体の自営業者も税金を払わない。結果的に「中~下階層のサラリーマン」が狙い撃ちにされ、中・低所得者層の税負担率も高まっている。
まさに税金地獄である。
本書には、以下のような驚くべき実態が赤裸々に描かれる。
・タワーマンションやペーパーカンパニーを用いた富裕層たちの驚愕の節税テクニック
・税滞納ですぐに差し押さえをする自治体
・固定資産税の過大請求発覚が急増中(持ち家の人は絶対に要チェック!)
・しかも自治体は、余分に徴収した税金の返金にはなかなか応じない
・ある日突然、とうの昔に死んだ親戚の所有地の固定資産税の請求書があなたに届く
・「ふるさと納税」が富裕層たちの税逃れツールと化している実態
・バブル時代のリゾートマンションが“老人ホーム”化し、1万円で売られている
・大企業が優遇され、中小企業が損をする税制決定の舞台裏
……税金で損しないため、泣かないために、必読の作品だ。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く