作品紹介

日本人は、牛場信彦という外交官を覚えているだろうか。
戦前は「枢軸派三羽ガラス」の一人として、日独伊三国同盟を強力に推進。日本を戦争に追いやった一人とされた。
戦後は一転して「親米派」となる、経済外交で実績をあげ、外務官僚のトップである事務次官、さらには外交官のトップである駐米大使にもなった。
それだけではない。国際経済に強いところを買われて、福田赳夫内閣の対外経済相にも就任している。
彼のことを「変節漢」と呼ぶ人もいる。

本当にそうなのだろうか。

戦後日本に君臨した吉田茂は、「枢軸派」を激しく憎み、古巣の外務省から徹底的に排除した。「Yパージ」である。
しかし吉田は、いったん辞職した牛場が外務省に復帰するのを妨げなかったばかりか、バックアップした節さえあるのだ。
吉田は牛場の中に何をみていたのだろうか。

昭和という激動の時代を、「気概」をもって駆け抜けた男の生涯から、「国を愛すること」の本当の意味が見えてくる。

担当編集者より
戦後日本の復興が早かったのは、優秀な官僚が手付かずで残っていたからだとよく言われます。その代わり、戦争責任の追及も不十分だったとも。満州国を作り、東条内閣の閣僚でもあった革新官僚の代表、岸信介を見ると、その説もうなずける気がします。しかし、本書を読んで、そんな簡単な話ではないことがよくわかりました。置かれた時代の中で、みんな精一杯生きた。自分自身の評判よりも、国家の先行きを優先した。「愛国」という言葉の意味が少しわかったような気がします。
目次
・はじめに

第一章 墨水墨堤~東大ボート部の青春と牛場四兄弟

第二章 「彼は選んだ」~ベルリン駐在とヒトラーのドイツ

第三章 敗者として~「枢軸派三羽ガラス」が迎えた敗戦

第四章 Yパージから公職復帰へ~通産省通商局長への就任

第五章 外にも内にも強く~戦後経済外交と「ガットの守り神」

第六章 冷戦のただ中で~日韓交渉と外務次官就任

第七章 悲運の大使~反田中角栄の駐米大使就任

第八章 余生ではない~初のサミットとPKOへの道筋

・あとがき

・主要参考文献

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く