作品紹介

誘拐されたアメリカとソ連の外交官子女を救出するためにベネチアへ向った岩崎白昼夢の活躍を描く表題作をはじめ、「殺人者はL・S・D」「殺し屋のお値段」等力作全六篇を収める。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く