作品紹介

1988年「週刊文春傑作ミステリーベスト10」第1位!

ナチの収容所で生れた日猶混血児がたどった運命とは? 流麗な筆致で東西ベルリンに集まるスパイ群像を描いた幻の傑作がいま甦る

担当編集者より
画家・青木優二は、見知らぬドイツ人女性・エルザから接触を受けた。エルザによれば第2次大戦中、ナチスドイツのユダヤ人収容所ガウアーで、ユダヤ人の父親と日本人の母親の間に生れた赤ん坊が青木だと言うのだ。青木は平穏な生活から一転、謀略が渦巻くヨーロッパへ旅立つ。冷戦時代のベルリンを舞台にした、恋愛あり、アクションあり、トリックありの本格スパイ小説で1988年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位を獲得。幻の傑作ミステリーをお読み逃しなく。(AK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document