作品紹介

現代最高の幻視者がつむぎ出す戦慄の短篇集

祖母の家に幼い頃の自分を置いたままの私、死線から帰還しながら妻と情夫を銃で撃ち、長い虚無を生きる男……夢幻へと導く瞠目の8篇

担当編集者より
インパール戦線から帰還した男は、銃で妻と情夫を撃ち、出所後、小豆相場で成功。北の果ての海に程近い「司祭館」に住みつく。ある日、そこに映画のロケ隊がやってきて……戦後の長い虚無を生きる男を描く表題作ほか、現代最高の幻視者が、詩句から触発された全8篇。夢幻へ、狂気へと誘われる戦慄の短篇集。解説・齋藤愼爾

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く