作品紹介

歴史探偵が俳句を通して探る、あの名作の謎

『坊っちゃん』のお清は誰!? 大文豪の意外な人となりを探り、おなじみの小説の新たな読み方を発見する、楽しく痛快なエッセイ

担当編集者より
歴史探偵・半藤が、漱石の詠んだ俳句を通して大文豪の本心、あの名作の意外な背景を掘り起こします。史料を縦横無尽に駆使して、『坊っちゃん』の清のモデルを新発見したり、底冷えのするような漱石の孤独と明治日本の空気に辿り着いたり。楽しいエピソードと知的興奮が満載のエッセイ集です。ちなみに2500もの漱石の句の中で、半藤さんの一番のお気に入りは、漱石が痔の手術のため入院した日に記された、「秋風や屠られに行く牛の尻」……(YY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く