作品紹介

母と娘、この永遠の愛と憎しみ。映画化!

「おねがいわたしをさがして」。一通の応募用紙には、そう記されていた。思春期の少女たちの揺れ動く心と母親との関係を描く問題作

担当編集者より
「おねがいわたしをさがして」郷里の福岡で少女の写真展を開くことになった藤原氏は、モデルを一般公募することにしました。その応募用紙の1つに書かれた言葉に、強く惹(ひ)きつけられます。その一言を書いた彼女のように、自分の存在を肯定することができず、揺らぐ十代の少女たち。その背後には、母親との歪(ゆが)んだ愛憎の関係があります。かつて『乳の海』で10代の少年と親を描いた著者が、少女と母親に焦点を当てた問題作。1月にユーロスペースで映画が公開される予定です。(FY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く