作品紹介

お銭(あし)をめぐるいざこざで、今日もお江戸は大騒ぎ

出世をしくじった大番屋元締・鏡三郎のもとに、毎日のように持ち込まれる相談事。加えて家族にも厄介事が起きて……シリーズ第3弾!

担当編集者より
「一番札をお持ちの方」佐吉の声で拝郷(はいごう)鏡三郎の1日の仕事が始まる。元は勘定方だった鏡三郎は、政争に巻き込まれていわゆる縮尻御家人となり、いまや八丁堀近くの「大番屋」の元締。欲と欲とが突っ張り合う金公事(かねくじ)から、夫婦の揉め事、心中死体の後始末までよろず相談事が持ち込まれる。人気シリーズ第3弾! 解説・関川夏央

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く