作品紹介

ドライバーとピンセット持参で欧州に出かけてユダヤ商法を学び、香港、中国でゼロからの工場進出に成功した男の経営哲学の神髄は

担当編集者より
若き日に欧州でユダヤ商法を学び、苦難の末、香港・中国で経営の現地化に成功した石井次郎。その秘訣は奉仕の精神に満ちた人心掌握術と驚異の全手動による工場経営にあった。さらに日系企業の駆け込み寺として深【土+川】に設立したテクノセンター(日技城)は日中の架け橋として躍進し続けている。文庫加筆110枚。解説・関満博

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く