作品紹介

お化粧感覚でできる手術です――女性雑誌や駅の看板に氾濫する甘言は本当なのか? 患者の体験談や医者への直撃取材で実態を抉る

担当編集者より
この十年間で美容外科の数は倍増し、「プチ整形」「リクルート整形」なる言葉も登場するほど、からだにメスを入れる抵抗感は少なくなっている一方で、患者と病院とのトラブルはいっこうになくなりません。シワ取り、シミ取り、二重まぶた、隆鼻、豊胸、脱毛、脂肪除去……。「お化粧感覚できれいになれる」「簡単に若返る」という甘い言葉は本当なのか?美容整形の歴史をひもときつつ、患者や医者、弁護士などに取材して業界の実態を抉ったレポートです。(OY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く