作品紹介

2006年、NHK大河ドラマ化決定!

秀吉の天下は傾き始めた。妻と二人三脚で乱世を駆け上った山内一豊がついに土佐二十四万石を手中に。戦国痛快物語、新装版完結篇

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
関ケ原決戦——徳川方についた伊右衛門は、この華々しい戦でも前線へ投入されたわけではない。勝ち負けさえわからぬほど遠くにあって銃声と馬蹄の轟きを聞いていた。しかし、戦後の行賞ではなんと土佐二十四万石が……。そこには長曾我部の旧臣たちの烈しい抵抗が燃えさかっていた。戦国痛快物語完結篇。解説・永井路子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く