作品紹介

新たなる展開の「かわせみ」一家、新装版で登場

能楽師・鷺流宗家先代の隠し子に迫る魔の手……。怪事件解決の後、自分の隠し子らしき男児が現われ、東吾の心は揺れる。全七篇

担当編集者より
能楽師、鷺流宗家に伝わる一子相伝の秘曲「鷺」は若宗家ではなく、先代の隠し子・高信に伝授されていた。高信に迫る魔の手——宗家の内紛に端を発する怪事件の後、自らの隠し子らしき男児が現れ、東吾の心は揺れる。表題作のほか「松風の唄」「おたぬきさん」「目篭ことはじめ」など全八篇を収録。おなじみの人情捕物帳シリーズ。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く