作品紹介

連続殺人を犯した少年の未来に待っていたものは——

3人の老人を殺害した少年が少年院を出て社会に復帰した。やがて彼をめぐって様々な事件が起こる……。著者会心の長篇ミステリー

担当編集者より
3人の老婦人が立てつづけに惨殺される事件が発生、犯人は14歳の少年だった。5年後、少年院を退院した彼が何者かに襲われる。殺人犯の息子を恐れる母、その母親を担当する女性カウンセラー、事件に関わりつづける刑事と雑誌記者、そして少年と同世代の被害者の孫たち……事件周辺の人々の心の闇が生んだ慟哭のミステリー。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く