作品紹介

坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は誰か? 幕末最大のミステリーに気鋭の歴史家・磯田道史氏が挑みました。新撰組か紀州藩か、はたまた薩摩藩か? 様々な説が唱えられてきましたが、史料の丹念な読解と巧みな推理によって、ついに謎が解かれました。論争に終止符を打つ画期的論考です。
「龍馬は一日にしてならず」。合理的でカラっとした性格、そして既成の枠にとらわれない自由な発想。そんな龍馬を生み出したのは、お金で武士の身分を買った土佐の豪商の家でした。坂本龍馬という破格の人物が出現した背景にも迫ります。

担当編集者より
坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は誰か? 歴史家の磯田道史さんが幕末最大の謎に挑みました。史料を読解と明晰な推理によって、ついに謎が解かれます。果たして真犯人は? 極上の歴史ミステリーをお楽しみください。もう一つの読みどころは龍馬という破格の人物がなぜ出現したのかが鮮やかに語られるくだりです。龍馬は武士の身分をお金で手に入れた土佐の豪商の末裔です。だから、下級武士なのに、お金には困っていない。龍馬の実像がくっきりと浮かび上がってきます。本書を読まずして龍馬は語れません。(BH)
目次
第一章 龍馬、幕末を生きる
一、龍馬は一日にしてならず
二、龍馬はなぜ龍馬になっていったのか
三、脱藩への布石を追う
四、「龍馬の海軍」はいかに創設されたのか
五、なぜ龍馬は「武士の壁」を越えられたのか
六、龍馬とイギリスが倒幕に肩入れした本当の理由
七、なぜ薩長が同盟しないと倒幕はできないか
八、将軍暗殺も辞さない龍馬の思想

第二章 龍馬暗殺に謎なし
一、新撰組黒幕説――事件直後も疑われた
二、紀州藩黒幕説――動機がもっともあった
三、土佐藩黒幕説――成り立たない犯行動機
四、薩摩藩黒幕説――常に疑いの目でみられた集団
五、幕府内の立ち位置
六、死の直前の龍馬の行動
七、龍馬、最後の一日
八、襲撃犯たちの回想
九、龍馬暗殺の黒幕
十、最後に

第三章 自筆書簡からみえる等身大の龍馬

あとがき
龍馬暗殺関連地図
龍馬年表
人名索引

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く