作品紹介

最新痛快エッセイ集『九十歳。何がめでたい』が、68万部を突破!

「いちいちうるせえ」と憤る姿が共感を呼び、著者が版を重ねている作家・佐藤愛子さん。
いまは最も”怒ってほしい”93歳となった愛子さんの波瀾に満ちた人生とは?
初めて明かす「作家人生最高の一作」から、語りおろしの半生記、名作ブックガイドまで。
佐藤愛子の世界を堪能する一冊!

(本書は週刊文春2017年4月6日春の特大号からのマイクロコンテンツとなります)

目次
・93歳の“やさしいトランプ”佐藤愛子 語りおろし半生記
・私だけが知っている愛子さん
 愛子ちゃんの霊体験 ピーコ
 幻の競走馬「イカリアイコー」 勝目梓
 先生はいまも活火山 有馬稲子
・作家・佐藤愛子 93年の歩み
・名言で読むブックガイド 佐藤愛子の流儀 大矢博子
・読書会ルポ 10代vs.80代
 課題図書1 『九十歳。何がめでたい』
 課題図書2 『晩鐘』

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く