作品紹介

芦辺拓・有栖川有栖・二階堂黎人が揃って絶賛!
幻の本格ミステリーコミック「怪奇探偵・写楽炎」シリーズが一挙電子化。

次々に巻き起こる奇怪な不可能犯罪がにJC探偵(実験部)の写楽炎と後輩の「空手くん」が挑む、まさに「本格ど真ん中」の快作。
数年前からミステリー作家やマニア的読者の間で話題になった同人誌コミックの全作品をお届けします。

有栖川有栖氏が一推し! 「不思議の国のアリス」に材を取った「妖姫の国」ほか、「クイズマスター」「蠍の暗号」「歪んだ顔」「骸絵」の全5篇を収録。

【有栖川有栖氏による推薦の言葉】
オリジナリティあふれる密室殺人、偽装アリバイ、人間消失といったトリックの数々。
意外な手掛かりと推理をもって導きだされる意外な真相。
全編を包む懐かしいばかりの怪奇ムード。
勇敢にして聡明で、凛として事件に立ち向かう少女探偵。
これらが揃った根本尚さんの〈怪奇探偵シリーズ〉は、まさに本格ミステリファンにとってフルコースのご馳走だろう。
漫画ならではの演出や絵解きも楽しく、読みだしたらやめられない。
同人誌として出版されていたため、見逃していた本格ファンも大勢いるはずだから、これまでに発表されたシリーズ全作品が電子書籍としてリリースされることを、諸手を上げて喜びたい。
オールドファンもビギナーファンも、同じように満足させること請け合い。
やっぱりいいなぁ、本格ミステリは。

著者

根本 尚

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る