単行本
単行本

日中戦争――ある若き従軍僧の手記

佐藤正導

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2008年12月

作品紹介

僧侶の信念を貫き、知恵と勇気で日中両国に尽くした若者がいた!

抗日の炎が燃え拡がっていた1941年、緋色の僧衣を携えて単身中国へ渡り、日中両国に尽くした青年の、愛と勇気に貫かれた真実の記録

担当編集者より
抗日の炎が中国全土へと燃え拡がっていた1941年、緋色の僧衣を携え、単身中国に渡った若者がいた。若者の名は佐藤正導。銃剣による殺戮を避け、10歳のとき得度した身を活かすべく、宣撫官となったのだ。無医村に医院を開き、抗日武装勢力の襲撃を逃れ、敵陣の只中で兵士の慰霊祭を行ない、ついには現地に会社を立ち上げるなど、徒手空拳の青年が中国の人々の信頼を得、やがて終戦を迎えるまでの、冒険活劇さながらの日々を綴ったドキュメント。
商品情報
書名(カナ) ニッチュウセンソウアルワカキジュウグンソウノシュキ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2008年12月10日
ISBN 978-4-16-008064-5
Cコード C0095

著者

佐藤 正導

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く