作品紹介

戦後の瀬戸内で育まれた、かけがえのない師弟の絆

昭和30年、山口市の風光明媚な土地を舞台に、新人教師と秋穂小6年1組の子どもたち60人の溌剌で前向きなさまを描く、事実に基づく物語

担当編集者より
……先生が最初に君たちに言ったことを思い出して下さい。先生は『勉強するちゅうことは、どういうことか』と皆に尋ねました。あの時、マッちゃんが『なぜと考える』と答えました。『なぜと考える』ことが大事なんです。『なぜと考える』ことが勉強なんです。『なぜと考える』ことが人間なんです。(「勝手な休校」より)
商品情報
書名(カナ) アイオノコ ニホンイチシアワセナコドモタチトソノセンセイ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2012年08月10日
ISBN 978-4-16-008756-9
Cコード 0093

著者

河谷 史郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く