単行本
単行本

文藝春秋企画出版

がんで往くのも、まあいいか新・医者の大養生

杉浦 昭義

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2014年01月31日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

石原慎太郎氏も信頼を置く、田園調布界隈でも評判の名医がまとめた大好評エッセイシリーズ「医者の大養生」第3弾! 50歳を過ぎて患った膀胱がんと糖尿病を持ち前の前向きさで克服し、思えば喜寿(ここ)まで来たもんだ……。病気克服の秘訣や人生の楽しみ方をユーモアたっぷりに披露する。

「あなたは死ぬ前にどんなことを思うか」という質問に対する回答……のトップは、「好きなことをもっとしておけばよかった」というものであった。人は生きているうちに、やりたいことを心おきなくすることが幸せなのだと、つくづく思った。長く生きていることが大事なのではなく、その中味がどれだけ充実していたのか、ということが問題なのだ。「生者必滅、会者定離【えしゃじょうり】」の謂【い】いの如く、人は誰しも〝生老病死〟のコースから逃れることはできない。
私は、がんに罹った経験により、「人はいつか必ず死ぬんだ」と思ったら気が楽になることを学んだ。(本文より)

商品情報
書名(カナ) ガンデイクノモマアイイカ シンイシャノダイヨウジョウ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年01月31日
ISBN 978-4-16-008795-8
Cコード 0095

著者

杉浦 昭義

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く