作品紹介

孝明帝の信任厚い会津藩がなぜ朝敵扱いされたか?――
大政奉還後、一方的に追討すべき幕府の残党とされ、戊辰戦争では悲劇的な大敗を喫した会津藩。汚名返上に執念を燃やす会津人。細やかな考証により新しい史観を提示する歴史中編小説

「戊辰戦争は封建社会における武士団と武士団の最後の戦いといわれるが、本来の士道からはほど遠い残虐性を帯びていた。
会津の運命は、容保が京都守護職を押しつけられた時点でなかば決まっていたようなものだが、その過程を見ると、慶喜に裏切られ、春嶽に裏切られ、同盟を結んだ諸藩にも裏切られた挙げ句、朝敵といういわれなき汚名まで着せられるという、あまりにも過酷な道程をたどった。
降伏式に列席した会津藩士たちは、東征軍のために敷かれた緋色の毛氈を細かく切り、この日の悔しさを終生忘れないようにと、その切れ端を全員が持ち帰った。この緋毛氈は「泣血氈(きゅうけつせん)」と名づけられている。」(「五 落日・士魂の終焉」)

担当編集者より
NHK大河ドラマ「八重の桜」では、会津藩から見た戊辰戦争が取り上げられました。本書も同じ視点から描かれていますが、もう少し大勢を俯瞰しているのが特徴で、なぜ叛乱の野心など微塵もなかった会津藩が戊辰戦争で一方的に悪者に仕立てられたかを明らかにしています。表舞台で語られることのないもう一つの幕末維新史を知りたい方にはぜひお薦めしたい一冊です。
目次
一 発端・京都守護職
二 順風・孝明帝の宸翰
三 急変・孝明帝謀殺
四 逆転・寝返りと裏切りの連鎖
五 落日・士魂の終焉
六 辛酸・虚構の新天地
七 逆襲・山川兄弟の反撃
八 雪辱・巡り来る戊辰の干支
商品情報
書名(カナ) セツジョク ミタビノボシンアイヅチンコンフ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年12月11日
ISBN 978-4-16-008819-1
Cコード 0093

著者

松井 睦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document