単行本
単行本

文藝春秋企画出版

紀子 小津安二郎の戦後

黒田 博

  • 定価:本体1,300円+税
  • 発売日:2015年08月31日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

名匠小津安二郎が残した日本映画きっての名作「晩春」「麦秋」「東京物語」。いずれも「紀子」という名の女性を主人公とするこの「紀子三部作」は、兵士であり映画監督であった小津が、勝つはずだった正義の戦争に負けて、手のひらを返すように変節してしまった国家と国民を前にしたときに産み落とした映画です。言い換えれば、命を懸けてつくした国家と国民に裏切られた男の映画です。小津は、主人公の周吉の「周」の文字を自らの分身のように長く使いましたが、紀子の「紀」は、例外はあるものの、戦後の一時期、1949年から1953年にかけて重点的に使いました。名付け親が名前に思いを託すように、小津安二郎は紀子という名前にある思いを託したのでしょう。その思いとは何であり、「紀子三部作」とはいかなる意味を持った作品群だったのか。「紀子三部作」を通して、小津安二郎の戦後を見つめます。

担当編集者より
名匠小津安二郎が残した日本映画きっての名作「晩春」「麦秋」「東京物語」。いずれも「紀子」という名の女性を主人公とするこの「紀子三部作」は、兵士であり映画監督であった小津が、勝つはずだった正義の戦争に負けて、手のひらを返すように変節してしまった国家と国民を前にしたときに産み落とした映画です。小津安二郎は、この紀子という名前にどのような思いを託したのか。「紀子三部作」とはいかなる意味を持った作品群だったのか。「紀子三部作」を通して、小津安二郎の戦後を見つめます。
商品情報
書名(カナ) ノリコ オヅヤスジロウノセンゴ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年08月31日
ISBN 978-4-16-008839-9
Cコード 0074

著者

黒田 博

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く