作品紹介

――「ゆとり教育」開始当初の言語教育研究の貴重な集大成
国語科教育を情報伝達手段の技術的指導としてだけでなく、豊かな人間性育成を実現するための基礎研究と授業実践の論考6編。
昭和40年代、マンガやテレビの普及から顕著になった子どもたちの「活字離れ」と「抽象能力の衰退」を前に、大阪府教育研究所研究員として国語科授業改善に成果を上げた著者による論考。小学校国語科における昭和五十二年改訂学習指導要領「ゆとりカリキュラム」前後の研究は、インターネットやスマートフォン全盛の現代における教育事情下でも色褪せずに、問題提起をしてくる。「ゆとり教育」の原点からの再考にも適した教育論集。
[掲載論文]
「小学校における言語教育に関する基礎研究」大阪市教育研究所研究紀要 (160) 1978年
「小学校における言語の教育に関する研究―その有効な指導原理を求めて―」大阪市教育研究所研究紀要 (166) 1979年
「自主的思考をめざす国語科授業改善に関する研究」大阪市教育研究所研究紀要 (172) 1980年
「確かな言語能力を育てる「理解と表現」の指導に関する研究」大阪市教育研究所研究紀要 (181) 1981年
「確かな言語能力を育てる「理解・表現」の指導に関する研究(Ⅱ)―学習の個別化をめざす授業展開の構想を中心に―」大阪市教育研究所研究紀要 (190) 1982年

担当編集者より
テレビの普及により映像化人間が増えることで、抽象概念である言語を使う人間の力が衰えると憂えた著者は、現代にも通じる鋭い考察を半世紀も前に発表していました。昭和52年改訂学習指導要領で初めて設定された「ゆとりカリキュラム」前後の研究をまとめた本書は、「ゆとり教育」の原点からの再考にも適した教育論集です。
商品情報
書名(カナ) イワツボアキコキョウイクケンキュウロンブンシュウイチゲンゴキョウイクヘン
ページ数 624ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2016年06月23日
ISBN 978-4-16-008872-6
Cコード 3037

著者

岩坪 昭子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く