単行本
単行本

文藝春秋企画出版

心の癒し・悲嘆から再起へ子を喪くした母親と在米心臓外科医の物語

二階堂 久

  • 定価:本体1,389円+税
  • 発売日:2016年07月25日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

幼きわが子をなくした親、こと生みの親たる母親の悲嘆は想像を絶します。最善最新十全の医療を尽くしても・・・癒えないこころの傷。彼女らになにより必要なのは、精神的なサポートです。
著者の二階堂久氏は「二階堂の手術」(複合大血管転位症に対する新しい手術法)で知られる在テキサス州の名医・国手ですが、こころのケアの人でもあります。
二階堂医師がいかに悲嘆の底に沈む彼女らを支えていったか。本書に登場するのは8名の母親。彼女らは再起をなしとげ、その多くは医療機関での患者への看護・奉仕に人生の意義を見出します。
「人生になにが起こっても不思議ではありません」と著者。自身も、不慮の事故から、志を継ぎ、医師となったばかりの子息を喪しているのです。
生きているかぎりは、だれかのためになりたい。医師と残された家族の再起の記録をご味読ください。

担当編集者より
東大紛争で失意のまま日本を去った青年医師がいかに米国で苦悩し、信仰を得て、自己を立て直し、斯界に知られる名医となっていったか。
患者を救う過程で、著者も救われていったのでしょうか。
心優しき国手を絶望させたものとはなにか。
この国にとって、著者の「国外流出」はとてつもなく大きな損失ではなかったのか。
そんなことを思い至らせる作品です。
著者は80歳を超えたいまも、キューバ、ホンジュラスと薬品、車椅子など援助物資を携え、医療の空白地での手術に飛びまわっています。
欧米で大いなる反響を呼んだ英語版を増補しました。
商品情報
書名(カナ) ココロノイヤシ ヒタンカラサイキヘ コヲナクシタハハオヤトザイベイシンゾウゲカイノモノガタリ
ページ数 340ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2016年07月25日
ISBN 978-4-16-008873-3
Cコード 0095

著者

二階堂 久

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く