作品紹介

北条得宗家相続の裏に何があったのか――

仁治3年、『吾妻鏡』の記述から欠落したこの1年間に何かが隠されている。経時が若くして執権を継いだこの年から、得宗家の相続をえがく歴史小説

「北条家の権力争い、相続争いを防ぎ、得宗家の権力を別格のものとして幕府の体制をより一層磐石なものにする」
泰時は、執権職を譲るにあたり、存命中にしなければならないことに思いを馳せていた――。

商品情報
書名(カナ) カマクラソウゾク ホウジョウトキヨリカラトキムネヘ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2016年12月12日
ISBN 978-4-16-008884-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く