作品紹介

邪馬台国にまつわる書物はあまたあります。しかし、本書が凡百のものと違うのは、以下の点です。
一、「古代の道すじ」を明確に固定。帯方郡(ソウル)の東南1万2000余里にある女王の都が九州にあることを突き止めた。
二、神武紀のある倒(さかしま)語(ごと)(暗号)を解き明かし、その暗号が古事記、日本書紀、風土記。万葉集にも網羅されていることを見出した。
三、金印「漢委奴国王」の読み方を解明。
国の始まりから畿内への遷都までの歴史はすべて九州で繰り広げられたと著者。倒語を独自の手法で分析して、初めて明らかになった古代史の真実をご堪能ください。

担当編集者より
一本、補助線を引けば霧のかなたにおぼろげであっものが、くっきりと姿を現すことがあります。著者は倒(さかしま)語(ごと)を補助線とし、記紀などに埋め込まれた謎を解き明かし、「女王の都」の位置を特定します。今後、邪馬台国を語るとき、本書は不可欠な視座を与えてくれることでしょう。
目次
倒語
邪馬台国への誘い
神話とお伽噺が伝える邪馬台国の歴史
商品情報
書名(カナ) ヤマトコクハキュウシュウマツウラ サカシマゴトトチケイデコウテイトジョウオウノミヤコノナゾヲトク
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2017年04月21日
ISBN 978-4-16-008896-2
Cコード 0021

著者

藤澤 龍雄

藤澤 妙子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く