作品紹介

無宗教とされる日本人、本当は信心深い!?――

日本人の7割が宗教を信じていないという調査結果は真実だろうか。日本の先祖供養や祭祀から私たちの心の奥底にある信仰心を探る。巻末から英文を全文併録。

1.日本人にとって神と仏にはいかなる違いがあるか
2.日本人の72%が宗教を信じていないという調査結果をどう解釈するか
3.祭祀に重きをおく日本の宗教と、江戸時代の学問・倫理をもとにした道徳
4.日本人の〝淡く広範な〟宗教の信じ方
5.よく分からない自然界にみる宇宙の不可思議と宗教的な心
6.宇宙の未解明物質と宗教的な心

担当編集者より
お正月の初詣やお盆、七五三、除夜の鐘……私たちが何の疑問も抱かずに行っている季節の行事がありますが、それは日本人が代々受け継いできた「宗教的な心」であることを論じる思想エッセイです。
商品情報
書名(カナ) ニホンジンノシュウキョウテキナココロニュウモン ホンブンタイオウエイヤクツキ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2017年05月17日
ISBN 978-4-16-008898-6
Cコード 0095

著者

髙橋 瞳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く