作品紹介

父は酒を飲むといつも目の前で死んでいった戦友のことを問わず語りに語った。息子は父の死後、生き残った同期生に会い、父の戦友たちのことをまとめようと思い立った。多くの人が物故し、また取材拒否などにあいながら、漸く息子は父の時代の記録を残した。 著者の父・山田孝雄は昭和8年春、徴兵されて佐世保海兵団に入団、それから太平洋戦争終結まで12年、144名の同期生がたどった過酷な運命を綴る。

担当編集者より
父は酒を飲むと目の前で死んでいった戦友のことを問わず語りに語った。息子は父の死後、生き残った同期生に会い、父の戦友たちのことをまとめようと思い立った。多くの人が物故し、また取材拒否などにあいながら、漸く息子は父の時代の記録を残した。
目次
罪業は深重なれども
卒業記念写真帖
初の慰霊祭
青春群像
商品情報
書名(カナ) ジュウドカイキョウ サチンハッチョウデンシンヘイノアユミ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2018年04月27日
ISBN 978-4-16-008922-8
Cコード 0095

著者

山田 雅紀

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る