作品紹介

名古屋の町工場に生まれた市郎は予科練に志願し、憧れの零戦乗りとなる。しかし彼に命じられたのは人間爆弾「桜花」で体当たり攻撃することだった。戦場に向かった市郎は、知り合った女学生にほのかな恋心を抱く。しかしついに出撃の日は訪れた……。感動の長篇小説

担当編集者より
著者の佐山さんは敗戦の日を十歳で迎えました。子供心に感じた戦争のこと、立派な大人、悲しい別れなど、戦後長く胸にしまっていた想いを1冊の本にまとめました。
目次
雲に消えしを
特攻隊兵士への想い
商品情報
書名(カナ) クモニキエシヲ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2018年06月12日
ISBN 978-4-16-008928-0
Cコード 0093

著者

佐山 利子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る