単行本
単行本

コミック 鬼平犯科帳 63

さいとう・たかを 原作・池波正太郎

  • 定価:本体543円+税
  • 発売日:2005年03月22日
  • 種別:コミック
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

お頭は、最後の大盗めをしなさるおつもりらしい……

最後のお盗めのため江戸へ向っていた老盗が持病により死んだ。最期を看取った岸井左馬之助は……。「雨乞い庄右衛門」他全三篇

担当編集者より
大盗・雨乞い庄右衛門は、駿河の梅ケ島温泉で三年にわたって湯治につとめていた。すっかり具合の戻った庄右衛門は、江戸で最後のお盗(つと)めに向かうべく東海道をゆるゆると歩んでいた。手下の勧行の定七と駒沢の市之助とバッタリ出くわした三人は、平塚で宿泊した。その夜、手下が庄右衛門を殺そうとした時、同じ宿に泊っていた岸井左馬之助に命を救われた。病がぶり返した庄右衛門が死に臨んで左馬之助に言い残したこととは……。「雨乞い庄右衛門」他全三篇
商品情報
書名(カナ) オニヘイハンカチョウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 B6判 上製 ソフトカバー装
初版奥付日 2005年03月31日
ISBN 978-4-16-009163-4
Cコード 0079

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く