単行本
単行本

あたしが海に還るまで

内田春菊

  • 定価:本体1,359円+税
  • 発売日:1996年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

静子が彼女の体を貪る養父と母の家を出たのは十六歳の秋、もう外で眠るには肌寒い時期だった。話題騒然のベストセラー、パート2

担当編集者より
娘を男に差し出す母と、彼女の体を貪る養父の住む家を捨てて、静子は長崎を離れた。十六歳の秋、もう夜明けに外で眠るには肌寒い時期だった。いったんは家に連れ戻された静子に、怒りくるった養父は「おれの子を産ませる」と言う。もし、それが現実になるなら、死んだほうがましだと静子は思った。再度の家出に成功した静子は、温泉旅館の住み込み、ホステス、デザイン事務所と職を替えながら、さまざまな男女に出会って、自由な生き方を模索していく。ベストセラー『ファザーファッカー』の多感な主人公、静子の十六歳から二十三歳までを描いた続篇です。(T)
商品情報
書名(カナ) アタシガウミニカエルマデ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年01月25日
ISBN 978-4-16-316000-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く