作品紹介

項羽、劉邦ら秦末英傑に影のごとくよりそった友、臣、敵。かれらの眼に映ずる覇王のすがたを詩情あふれる文章でえがきだす連作短篇

担当編集者より
項羽と劉邦。始皇帝なき無辺の大地、ふたりの覇王のすがたを、友や臣、そして敵の眼から鮮烈にえがきだした野心作。天命をうけた王の子、すなわち貴族の血胤をひく項羽にたいし、劉邦は名もない平民の子。その劉邦を神体としてかつぎ妄想にうかれた男たちの集団こそ漢の正体ではないのか。平民の子が王となれるのか。なれるとすれば天意とは何を意味するのか。中国英傑物語に全く新たな地平をひらいた会心作!(K・M)
商品情報
書名(カナ) チヨウジヨウノカゲ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 1996年05月15日
ISBN 978-4-16-316240-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く