単行本
単行本

でく

伊集院静

  • 定価:本体1,845円+税
  • 発売日:1996年11月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

弟の死は事故か、それとも自分が殺したのか? ――陰鬱な過去から逃れられず、ギャンブルと酒におぼれ彷徨する男の破滅的な人生

担当編集者より
陰鬱な過去を背負い、アルコールに溺れ、幻覚につきまとわれながら彷徨(さまよ)い続ける男。旅先で出会うギャンブラーや売春婦、不法入国者……。この小説ではそんな、社会という枠の外でしか生きることの出来ない人々を描きだします。様々な生きざまから、「生きること」と「死」を考えさせられる、心に残る一冊です。(K)
商品情報
書名(カナ) デク
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 函入り
初版奥付日 1996年11月20日
ISBN 978-4-16-316640-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く