単行本
単行本

冬物語

南木佳士

  • 定価:本体1,262円+税
  • 発売日:1997年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

色彩の淡い森の中に、生、老、病、死の様々な木が隠れている。人生の喜びと悲しみを暖かな視線で切りとって見せる珠玉の短篇集

担当編集者より
「隅々まで目の行きとどいた短篇という意味では、原稿用紙二十枚ぐらいまでがちょうどいいようです」と語る南木佳士さんの、冬景色の中の窓明りのように温もり溢れる短篇集。日常のちょっとした風景を、一枚の淡い水彩画として切りとって見せながら、凛と背筋のとおった文体で、人間の生と死の悲しみと救いとを問いつづけます。八年前(1988)に芥川賞を受賞した作家の、さらなる成熟を感じさせる一冊です。(T)
商品情報
書名(カナ) フユモノガタリ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年03月01日
ISBN 978-4-16-316740-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く