単行本
単行本

浅草偏奇館の殺人〈新書〉

西村京太郎

  • 定価:本体762円+税
  • 発売日:1998年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

浅草六区の芝居小屋「偏奇館」で起きた踊り子連続殺人――50年の時を経て意外な真犯人の姿が浮かぶ――好評作待望の軽装版刊行!

担当編集者より
浅草六区の芝居小屋「偏奇館」で、踊り子たちが次々に惨殺されるという事件が発生。姿の見えぬ殺人鬼を、文芸部員の「私」と仲間たちが追うが、真相は闇に……。そして五十年が経ち、「私」の前に現れた意外な真犯人とは――。旺盛な執筆を続ける西村京太郎氏が、構想十年を経て、一九九六年に書き下ろした本作品が軽装判として刊行されます。お馴染みの十津川警部シリーズとはまた違った昭和初期の“エロ・グロ・ナンセンスの時代”を背景にした西村ワールドをお楽しみ下さい。(SN)
商品情報
書名(カナ) アサクサヘンキカンノサツジン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年02月10日
ISBN 978-4-16-317510-2
Cコード C0293

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く