単行本
単行本

十津川警部 赤と青の幻想

西村京太郎

  • 定価:本体762円+税
  • 発売日:1999年06月

作品紹介

三連続殺人事件に共通して現れた二つの手がかり――赤いサクランボと青い眼の美青年。十津川警部は山形へ。待望の長篇、堂々登場

担当編集者より
警視庁捜査一課の敏腕刑事、犯罪を憎むが、部下を見る目は常に温かい――。今さら説明するまでもない、十津川警部のプロフィールです。本書は小社刊では、久々の長篇作品であり、そんな十津川警部の魅力がたっぷり楽しめる一冊です。天童市内のサクランボ農園の過去に絡んだ連続殺人事件、その背後には、青い眼の日本人青年の影が――。題名に込められた構成の妙をお楽しみください。(SN)
商品情報
書名(カナ) トツガワケイブアカトアオノゲンソウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判 並製 カバー装
初版奥付日 1999年06月30日
ISBN 978-4-16-318530-9
Cコード C0293

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く