作品紹介

重ねあった盃。並んで歩いた道。夜が過ぎる部屋。そして、二人で身を投げた海……。時間さえ超える八つの恋ごころを描いた掌篇集

担当編集者より
“四十代の恋”“アイヨクにオボレた果ての情死”……とはいっても、そこは踏まれた蛇が女になってしまう『蛇を踏む』で芥川賞を獲った川上弘美の世界。リズミカルで一見さらりとした文章で、男と女の深い仲が描かれます。一緒にいても、さみしい。幸せなのに、こわい。たまらなく愛しく、そしてなにもかも、どうでもいい。あられもない性愛小説に飽き飽きしている人にお勧めの、傑作掌篇集です。(TM)
商品情報
書名(カナ) オボレル
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年08月10日
ISBN 978-4-16-318580-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く