単行本
単行本

あくび猫

南條竹則

  • 定価:本体1,857円+税
  • 発売日:2000年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

飼い猫チビが語る、御主人様の愉快な日常

あたいの名はチビ、雌の虎猫。ご主人様は、うまいものと酒に目がない三十過ぎの独り者、みんなから「あくび先生」とよばれている

担当編集者より
主人公の名前は、鰡野阿苦毘(とどのあくび)。国立大学の英文学教師をしている三十過ぎの独身者(ひとりもの)で、友人たちからは「あくび先生」と呼ばれています。このあくび先生、美味しいものとお酒に目がなく、食事の誘いを断ったことがありません――。本書は、あくび先生の飼い猫「チビ」の目を通して、南條さん自身と思われるあくび先生と個性豊かな友人達とのおかしな日常が、ユーモラスに描かれています。現代版『吾輩は猫である』を、どうぞお楽しみ下さい。(HH)
商品情報
書名(カナ) アクビネコ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2000年09月10日
ISBN 978-4-16-319540-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く