作品紹介

あなたはこんなにも美しい嘘をついたことがありますか?

老舗のオカマバー「銀花」の名物ママが死んだ。葬式に列席して、わかった彼の壮絶な人生。「マダムの咽仏」等心を揺さぶる全八篇

担当編集者より
「都市の中で起こる不思議なことがらをテーマに書いてみませんか」という編集者のオファーがきっかけとなった『姫椿』。全八篇を読み通すと、どの作品からも、著者の肉声が聞こえてくるようです。曰く、「禍福は糾える縄のごとし」……。自殺を考えていた男が、懐かしの銭湯を発見する表題作、三十年ぶりに出会った同級生に奇妙な告白を聞かされる「再会」ほか、浅田節がぎっしり詰まっています。「壬生義士伝」で柴田錬三郎賞を受賞され、ノリにノっている著者の最新短篇集であなたの二十一世紀を占ってみては?(OK)
商品情報
書名(カナ) ヒメツバキ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2001年01月30日
ISBN 978-4-16-319830-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く