作品紹介

ぼくはなにに恋してるんだろう? ひりひりする青春の彷徨

大工の大輔は子連れの美人と結婚するのだが……。果たして、彼にとって恋とは何なのか。60年代生まれのひりひりする青春を描く傑作

担当編集者より
文學界新人賞で浅田彰、山田詠美の両選考委員から絶賛されたデビュー作『最後の息子』から一年半、待望の第二作品集です。「ナイーブでいてクール、狡猾でいて爽やか――」(浅田)、「とても、キュート」(山田)と好評を得た前作に続き、一見捉えどころのないように思われている現代の「青春」を、リアルで切実なものとして描いています。そこにあるのは、ひりひりと痛みを伴う「恋」――。いま最も注目される新鋭が描く、これまでとはひと味違った青春小説にご注目ください。(MM)
商品情報
書名(カナ) ネッタイギョ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年01月30日
ISBN 978-4-16-319840-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document