作品紹介

ヒトとロボットは“わかりあえる”?

「鉄腕アトム」に描かれた未来、ではないけれど――。人間とロボット、共に永久ではない存在の共生の形を模索した力作5編を収録

担当編集者より
手塚治虫氏が「鉄腕アトム」を描いてから数十年、その間現実の世界でもロボットは長足の進化を遂げてきました。ここ数年はペットロボット「AIBO」や二足歩行が可能な「ASIMO」が登場するなど、人間とロボットのより親密なコミュニケーションのかたちが模索されています。ロボットをテーマにした今回の瀬名秀明さんの作品集は、五つの物語と連作ショート・ショートを収録。人間とロボットの共生の可能性を、近未来のさまざまな物語の中で、鋭く問いかけています。(SY)
商品情報
書名(カナ) アシタノロボット
ページ数 440ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年10月15日
ISBN 978-4-16-321310-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く