単行本
単行本

花の雲

沢野ひとし

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2003年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

多摩川のほとりで出会った、薄幸な女たち

多摩に住んで二十年。気ままな暮らしの中で出会った女たちに次々とふりまわされていく中年男の、どこか物悲しい淡い恋の短篇集

担当編集者より
東京郊外、多摩丘陵近くに住んで二十年。勤めていた出版社の倒産を機に自由気ままなイラストレーターとなった私は、不況の波が押し寄せ、住人の高齢化とともに人影もまばらになった多摩で、妻と二人でひっそりと暮らす。そこに生きる薄幸な女性たち。彼女たちとの出会いによって、孤独な女の業の深さ、狡猾(こうかつ)さ、たくましさにふりまわされる。多摩の美しい風景と四季の移り変わりをモチーフに織りなす、中年男の物悲しい淡い恋の短篇集。(IJ)
商品情報
書名(カナ) ハナノクモ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年11月15日
ISBN 978-4-16-322380-3
Cコード C0093

著者

沢野 ひとし

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く