単行本
単行本

うたはめぐる忘れられない四季の詩歌

高橋順子

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2004年02月

作品紹介

春夏秋冬のこころを珠玉の詩歌で味わう

四季折々の情景とともに詠まれ、愛されてきた俳句、短歌、川柳、現代詩――日本のうたの心を女流詩人が編んだ美しいアンソロジー

担当編集者より
与謝野晶子が詠んだ春の京都の桜、寺山修司、伊藤左千夫らが想った夏の海の光、松尾芭蕉が堪能した秋の名月、斎藤茂吉が疎開先の故郷で見つめた冬の雪、谷川俊太郎が初孫と迎えた新年――短歌や俳句、川柳、詩といった「うた」は、いわば日本人の心の結晶です。四季折々の情景とともに生まれ、愛され続けてきた詩歌を、現代女流詩人として注目される著者が、季節ごとに読み解き、豊かな世界へ案内してくれる珠玉のアンソロジーです。(KM)
商品情報
書名(カナ) ウタハメグル ワスレラレナイシキノシイカ
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年02月25日
ISBN 978-4-16-322680-4
Cコード C0092

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く