作品紹介

いよいよ第三十巻、記念碑的一冊!

るいと東吾の忍ぶ恋から始まった物語もついに三十巻。開国直前の江戸を舞台に、成長した新世代の活躍もめざましい、全七篇を収録

担当編集者より
るいと東吾の忍ぶ恋から始まった「御宿かわせみ」シリーズが、ついに単行本の三十巻目を迎えます。表題作では、外国商人に小判を売り暴利を得る組織に、東吾と源三郎が敢然と立ち向かいます。横浜開港後の混沌の中、私利私欲に走る者もいれば、不正を憎み、人の心を重んじる者もいる。変り行く時代に、江戸の心を失うことなく生きる人々の美しさを描き、いまや大河小説となった本作。五月からはNHKドラマの最新シリーズも開始される予定です。(AS)
商品情報
書名(カナ) コバンショウニン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2005年04月30日
ISBN 978-4-16-323890-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く