作品紹介

「タマシイを取りだす術を知っているのが、あめふらしってわけさ」

ウヅマキ商會を営む橘河にタマシイを拾われた岬。蛇を捕まえたり、少年に傘を届けたり、仕事の背後に怪しい気配が……。和風幻想譚

担当編集者より
「きみがそうやって生きているのは、おれがまだタマシイを掴まえているからなんだぜ。すぐには向こう岸へゆかせない」。市村岬(こう)は溺死しかけていたところを、ウヅマキ商會を営む橘河に助けられた。死んだばかりの身体からタマシイを取り出す「あめふらし」に。蛇を捕まえたり、傘を届けるよう頼まれてタイムスリップしたりと、岬の背後には、怪しい気配が渦巻いて……。精緻に組み立てられた物語の愉悦。古典を踏まえ、昭和の懐かしさを湛えた幻想譚の魅力。長野まゆみの新境地です。(TM)
商品情報
書名(カナ) アメフラシ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2006年06月15日
ISBN 978-4-16-324940-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く