作品紹介

夫でもなく、父親でもない“大人の男性”の役割とは――

散歩が生き甲斐の独身男・寛樹は、ある女性に「夫でもなく、父親でもない役割」を求められた。家族や婚姻制度に一石を投じる問題作。

担当編集者より
会社では一匹狼、プライベートでは植物診断なるヒーリング療法に通い、ひとり散歩を生き甲斐とする独身男・寛樹は、妹夫婦を通じてある女性と会うことになります。夫と離婚し、一人で子供を育てる彼女の依頼は「夫でも、父親でもなく、大人の男性として子供に接してほしい」。夫でも、父親でもない“大人の男性”の役割とは――。家族、婚姻という制度に一石を投じると同時に「植物」と「生命」をモチーフにした世界を作品のなかで融合させた星野文学の真骨頂!(TA)
商品情報
書名(カナ) ショクブツシンダンシツ
ページ数 128ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年01月15日
ISBN 978-4-16-325630-6
Cコード C0093

著者

星野 智幸

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く