作品紹介

徳川軍団最強の武将の生涯を描く雄渾な歴史小説

武門の誉れ「赤備え」を許された徳川四天王最強の武将・井伊直政。家康・直政主従を通して、戦国の様々な局面を描ききった歴史巨篇

担当編集者より
徳川家譜代の家臣ではないにもかかわらず徳川四天王の一人に挙げられ、武門の誉れである「赤備(あかぞな)え」を許された井伊直政。後の彦根藩祖でもある直政は、時には家康が舌を巻くほどの怜悧な判断力を発揮する一方で、気に入らない部下を衝動的に手打ちにするなど粗暴な一面も持った複雑な人物だったようです。家康・直政主従を通して天下統一までのさまざまな局面を描ききった、歴史小説ファンにはたまらない作品となりました。(AK)
商品情報
書名(カナ) シシノケイフ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年10月30日
ISBN 978-4-16-325680-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く