単行本
単行本

氷平線

桜木紫乃

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2007年11月28日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

北の大地の性を描く、オール讀物新人賞作家のデビュー作品集

北の農村を覆う閉塞感と、虚無的で乾いたセックス……。現代に甦る『楢山節考』ともいうべきオール讀物新人賞作家のデビュー作品集

担当編集者より
オール讀物新人賞受賞の実力派が、満を持して刊行する第一作品集です。桜木作品の読みどころはふたつ。ひとつは、北海道の道東を舞台とし、普通の田舎町とは一味違う渇いた閉塞感を見事に描いていること。もうひとつは、北の大地の生活感あふれる性を描いていること。跡継ぎを作る重圧、ムラの男に身体を売って生活する女性、フィリピンから嫁として買われた少女、牧草の上での性行為など、『楢山節考』を髣髴させるような、陰々とした中にもある種の明るさと諦念が漂う北の大地の現実が活写されます。個性あふれるデビュー作。(II)
商品情報
書名(カナ) ヒョウヘイセン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年11月30日
ISBN 978-4-16-326540-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く